top   news   掲示板   その他  DVD  blog(スマホで見にくい方はこちらへどうぞ)

広告

NBAのゲームDVDが日本語で簡単に購入できるサイトの紹介です。

サイト名 NBA DVD 代行







NBAの最新ニュースをほぼ毎日更新でお伝えします。
試合結果は、TSP21.comより

順位表       過去のニュース

2017年
6/21 セルティックスの希望 トレードは正式発表される バトラーのトレードについての噂 キャブス、グリフィンGMと再契約せず
ウェスト氏、クリッパーズ入り キングス、グレンジャー氏が退団 ラブロン・ジェイムスの奥さんがロサンゼルスでの生活を希望
イグダラに多くが関心 ペイサーズ、スティーブンソンをPG? レイカーズのジョージ獲得へのオファー セルティックス、ロスター情報
6/22 ホーネッツ、ハワード獲得! レイカーズ、ラッセルとモズゴフ⇔ネッツ、ロペスと27位指名権
ウェイド、オプション行使し残留へ P・ガソル、FAへ D・リー、オプション破棄 ベイネス、FAに
ペイサーズ、ボール指名に交渉継続 ロケッツ、ハーデンに上限での契約延長をオファー ロケッツ、ビヴェリーのトレードを模索
フィル・ジャクソン氏、ポルジンギスのトレード拒否せず メッシーナ氏、スパーズと契約延長 スポンサー D・グリフィン氏のGMとしてのサラリー
6/23 17-18、サラリーキャップ9900万ドルと予想 ポルジンギスに複数のチームが関心 スパーズ、D・グリーンのトレード拒否せず
サンズ、ブラッドソーのトレード模索 クリッパーズ、指名権を購入へ キャブス、ビラップス氏のオファー ジョシュ・ジャクソン、アンダーアーマーと契約
6/24 NBAドラフト、2017
バトラー、ウルブズへトレード! フレイジャー、ウィザーズへトレード
セルティックス、ペイサーズがP・ジョージについて交渉中 キャブス、D・グリーン獲得交渉中
ヤング、FAへ 76ers、史上最多のシーズンチケット販売を記録 ウィザーズ、Gリーグチームの運営権取得
6/25
6/26
6/27
6/28
6/29
6/30

6/24(に更新)のニュース

NBAドラフト、2017
バトラー、ウルブズへトレード!
フレイジャー、ウィザーズへトレード
セルティックス、ペイサーズがP・ジョージについて交渉中
キャブス、D・グリーン獲得交渉中
ヤング、FAへ
76ers、史上最多のシーズンチケット販売を記録
ウィザーズ、Gリーグチームの運営権取得




NBAドラフト、2017

 2017年NBAドラフトが行われた。

 以下がドラフト指名一覧。
 1) Philadelphia 76ers: Markelle Fultz, G, Washington

 2) Los Angeles Lakers: Lonzo Ball, PG, UCLA

 3) Boston Celtics: Jayson Tatum, SF, Duke

 4) Phoenix Suns: Josh Jackson, SF, Kansas

 5) Sacramento Kings: De’Aaron Fox, PG, Kentucky

 6) Orlando Magic: Jonathan Isaac, F, Florida State
 
 7) Chicago Bulls: Lauri Markkanen, PF, Arizona

 8) New York Knicks: Frank Ntilikina, PG, France

 9) Dallas Mavericks: Dennis Smith, Jr., PG, NC State

 10) Portland Trail Blazers: Zach Collins, C, Gonzaga

 11) Charlotte Hornets: Malik Monk, SG, Kentucky

 12) Detroit Pistons: Luke Kennard, G, Duke
 
 13) Utah Jazz: Donovan Mitchell, G, Louisville

 14) Miami Heat: Bam Adebayo, PF, Kentucky

 15) Sacramento Kings: Justin Jackson, SG, North Carolina

 16) Minnesota Timberwolves: Justin Patton, C, Creighton

 17) Milwaukee Bucks: D.J. Wilson, PF, Michigan

 18) Indiana Pacers: T.J. Leaf, PF, UCLA

 19) Atlanta Hawks: John Collins, PF, Wake Forest

 20) Sacramento Kings: Harry Giles, F, Duke

 21) Oklahoma City Thunder: Terrance Ferguson, SG, Australia

 22) Brooklyn Nets: Jarrett Allen, C, Texas

 23) Toronto Raptors: OG Anunoby, SF, Indiana

 24) Denver Nuggets: Tyler Lydon, PF, Syracuse

 25) Orlando Magic: Andzejs Pasecniks, C, Latvia

 26) Portland Trail Blazers: Caleb Swanigan, PF, Purdue

 27) Los Angeles Lakers: Kyle Kuzma, SF, Utah

 28) Utah Jazz: Tony Bradley, C, North Carolina

 29) San Antonio Spurs: Derrick White, PG, Colorado

 30) Los Angeles Lakers: Josh Hart, SG, Villanova

 2巡目
 31) New Orleans Pelicans: Frank Jackson, PG, Duke

 32) Phoenix Suns: Davon Reed, SG, Miami

 33) Orlando Magic: Wesley Iwundu, SG, Kansas State

 34) Sacramento Kings: Frank Mason, PG, Kansas

 35) Memphis Grizzlies: Ivan Rabb, PF, California

 36) Philadelphia 76ers: Jonah Bolden, PF, Australia

 37) Boston Celtics: Semi Ojeleye, SF, SMU

 38) Chicago Bulls: Jordan Bell, C, Oregon

 39) Philadelphia 76ers: Jawun Evans, SG, Oklahoma State

 40) New Orleans Pelicans: Dwayne Bacon, SG, Florida State

 41) Atlanta Hawks: Tyler Dorsey, G, Oregon

 42) Los Angeles Lakers: Thomas Bryant, C, Indiana

 43) Houston Rockets: Isaiah Hartenstein, PF, Germany

 44) New York Knicks: Damyean Dotson, SG, Houston

 45) Houston Rockets: Dillon Brooks, SF, Oregon

 46) Philadelphia 76ers: Sterling Brown, SG, SMU

 47) Indiana Pacers: Ike Anibogu, C, UCLA

 48) Milwaukee Bucks: Sindarius Thornwell, SG, South Carolina

 49) Denver Nuggets: Vlatko Cancar, SF, Slovenia

 50) Philadelphia 76ers: Mathias Lessort, PF, France

 51) Denver Nuggets: Monte Morris, PG, Iowa State

 52) New Orleans Pelicans: Edmond Sumner, PG, Xavier

 53) Boston Celtics: Kadeem Allen, SG, Arizona

 54) Phoenix Suns: Alec Peters, PF, Valparaiso

 55) Utah Jazz: Nigel Williams-Goss, PG, Gonzaga

 56) Boston Celtics: Jabari Bird, SG, Cal

 57) Brooklyn Nets: Aleksandar Vezenkov, PF, Spain

 58) New York Knicks: Ognjen Jaramaz, PG, Spain

 59) San Antonio Spurs: Jaron Blossomgame, SF, Clemson

 60) Atlanta Hawks: Alpha Kaba, C, France

 SBNATION





バトラー、ウルブズへトレード!

 ミネソタ・ティンバーウルブズとシカゴ・ブルズとの間でトレードが成立した。
 ウルブズはジミー・バトラーと全体16位指名したジャスティン・パットンとの交渉権を獲得。
 ブルズは7位指名したラウリー・マーケネンとの交渉権、ザック・ラビーン、クリス・ダンを獲得した。

 NBA.COM




フレイジャー、ウィザーズへトレード

 ワシントン・ウィザーズとニューオリンズ・ペリカンズとの間でトレードが成立した。
 ウィザーズはティム・フレイジャーを獲得。ペリカンズは2巡目52位指名権を獲得した。

 フレイジャーの昨シーズンのスタッツは23.5分のプレータイムで7.1得点・5.2アシスト・2.7リバウンド。

 NBA.COM




セルティックス、ペイサーズがP・ジョージについて交渉中

 ボストン・セルティックスとインディアナ・ペイサーズが、ポール・ジョージを含むトレード交渉を行っている。
 セルティックスはジェイソン・テータムを全体3位指名し、テータムはジョージとのトレードが成立すれば、ペイサーズへ移る可能性が高い。

 ジョージについては、ヒューストン・ロケッツも獲得に動いていると報じられている。

 THE VERTICAL、ESPN




キャブス、D・グリーン獲得交渉中

 クリーブランド・キャバリアーズがサンアントニオ・スパーズに対して、ダニー・グリーン獲得へ向けた交渉を行っているようだ。
 スパーズはこのオフ、FAプレイヤー獲得を目指しキャップスペース確保のため、グリーンの放出に関心を持っている。

 グリーンはキャブスでキャリアをスタートさせたという関係がある。

 ESPN




ヤング、FAへ

 ニック・ヤングがロサンゼルス・レイカーズとの間に保持するプレイヤーオプションを破棄し、オフにFAとなることを決めた。

 NBA.COM




76ers、史上最多のシーズンチケット販売を記録

 フィラデルフィア・76ersがボストン・セルティックスとのトレードで1位指名権を獲得してから、シーズンチケットが売れに売れ、その数がチーム史上最多となる1万4000枚に達していることがわかった。
 76ersは2013年に3400枚だったのが、2016年は約1万枚と劇的に売上を伸ばしている。

 WOWOW




ウィザーズ、Gリーグチームの運営権取得

 ワシントン・ウィザーズがGリーグで、新加入チームの運営権を取得した。
 ウィザーズはGリーグでチームを運営するNBAで27チーム目となる。

 WOWOW

この日のトップに戻る





6/23(に更新)のニュース

17-18、サラリーキャップ9900万ドルと予想
ポルジンギスに複数のチームが関心
スパーズ、D・グリーンのトレード拒否せず
サンズ、ブラッドソーのトレード模索
クリッパーズ、指名権を購入へ
キャブス、ビラップス氏のオファー
ジョシュ・ジャクソン、アンダーアーマーと契約




17-18、サラリーキャップ9900万ドルと予想

 NBAの17-18シーズンのサラリーキャップが、9900万ドルになると予想されている。
 4月の予想では1億100万ドルとみられていた。他では1億300万ドル、1億800万ドルなど高めの予想が多く見られた。

 16-17シーズンのサラリーキャップは9410万ドル。
 予想よりも額が少なくなったことについては、プレイオフでの試合数が少なかったことも一因だとされている。

 Boston Globe




ポルジンギスに複数のチームが関心

 ニューヨーク・ニックスはドラフトトップ5位指名権を持つチームとクリスタプス・ポルジンギスのトレードについて交渉を行ったようだ。
 フィラデルフィア・76ers、ロサンゼルス・レイカーズ、ボストン・セルティックス、フェニックス・サンズ、サクラメント・キングスの5チーム。
 ニックスのプレジデント、フィル・ジャクソン氏はジョシュ・ジャクソンを獲得したいと考えている。

 ESPN




スパーズ、D・グリーンのトレード拒否せず

 サンアントニオ・スパーズがこのオフ、ダニー・グリーンに対するトレードについて、聞く姿勢があるようだ。
 スパーズはグリーンを放出することで、FA獲得に乗り出すキャップスペースを確保したい考え。

 ただ、現時点において詳細にまで進んでいる話はないという。

 San Antonio Express-News




サンズ、ブラッドソーのトレード模索

 フェニックス・サンズがエリック・ブラッドソーのトレードを模索しているようだ。
 ブラッドソーは2年2900万ドルの契約を残している。
 サンズは全体4位指名権を持っており、ジミー・バトラー(シカゴ・ブルズ)、ポール・ジョージ(インディアナ・ペイサーズ)、クリスタプス・ポルジンギス(ニューヨーク・ニックス)と交渉を行っているという。

 Chicago Tribune




クリッパーズ、指名権を購入へ

 ロサンゼルス・クリッパーズは今年のドラフトで唯一、1つの指名権も保持していない。
 その状況で、クリッパーズは2巡目指名権の購入を検討しているという。
 その為の資金として、クリッパーズは200万ドル以上を用意。35~50位程度の指名権を求めているようだ。

 2巡目指名権で言うと、フィラデルフィア・76ersが4つ、ボストン・セルティックスが3つ所持しており、オーランド・マジックとユタ・ジャズが2つの1巡目指名権を持っていることから2巡目指名権を売却する可能性があるという。

 Los Angeles Times




キャブス、ビラップス氏のオファー

 クリーブランド・キャバリアーズがチャウンシー・ビラップス氏に対して、チームフロント職(GMとの報道はなし)での5年契約をオファーした。
 ビラップス氏はオーナーのダン・ギルバート氏との2度目の面談を終え、オファーについてはまだ受諾していない。
 ESPNで解説者を務めているビラップス氏だが、フロント職の経験はない。
 一方、ティロン・ルーHCとは親しい関係で、ギルバート氏とも長い友好関係にあるという。

 The Athletic




ジョシュ・ジャクソン、アンダーアーマーと契約

 ドラフト上位指名が予想される、ジョシュ・ジャクソンがアンダーアーマー社と契約した。
 アンダーアーマー社はステフォン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)と契約しているが、ドラフト上位指名プレイヤーとの契約は意外と少なく、前は2015のエマニュエル・ムディエイにまで遡る。

 マーケル・フルツはナイキ、ロンゾ・ボールは家族の会社であるビッグ・ボーラー・ブランドと契約している。

 RealGM

この日のトップに戻る





6/22(に更新)のニュース

ホーネッツ、ハワード獲得!
レイカーズ、ラッセルとモズゴフ⇔ネッツ、ロペスと27位指名権
ウェイド、オプション行使し残留へ
P・ガソル、FAへ
D・リー、オプション破棄
ベイネス、FAに
ペイサーズ、ボール指名に交渉継続
ロケッツ、ハーデンに上限での契約延長をオファー
ロケッツ、ビヴェリーのトレードを模索
フィル・ジャクソン氏、ポルジンギスのトレード拒否せず
メッシーナ氏、スパーズと契約延長
スポンサー
D・グリフィン氏のGMとしてのサラリー




ホーネッツ、ハワード獲得!

 シャーロット・ホーネッツがアトランタ・ホークスとのトレードで合意し、ドワイト・ハワードを獲得した。
 ハワードは2016年オフにホークスと3年7150万ドルの契約を結んだが、早くもチームの役割について不満を漏らしている。

 ホークスは、トラヴィス・シュレンク氏をGMとして契約しており、方針の変更があった可能性も報じられている。

 詳しいトレード条件については明らかにされていないが、
  マイルス・プルムリー + マルコ・ベリネル + 全体41位指名権
 以上をホークスが受け取り、ホーネッツはハワードと全体31位指名権を獲得する、と報じられている。

 THE Undefeated




レイカーズ、ラッセルとモズゴフ⇔ネッツ、ロペスと27位指名権

 ロサンゼルス・レイカーズとブルックリン・ネッツとでトレードが合意に達した。
 レイカーズはディアンジェロ・ラッセルとティモフェイ・モズゴフを出し、ネッツはブルック・ロペスと全体27位指名権をトレードに出した。
 ロペスの契約残は1年2260万ドル。
 モズゴフは昨年、4年6400万ドルで契約しており、2018年にポール・ジョージ、ラブロン・ジェイムスの両方の獲得を狙うレイカーズとしては重荷となっていた。

 ラッセルについては、今週のドラフトでレイカーズがロンゾ・ボールを指名することから、トレードされるのではないかとも言われていたという。

 THE VERTICAL




ウェイド、オプション行使し残留へ

 ドウェイン・ウェイドがシカゴ・ブルズとの間で保持する、プレイヤーオプション(2400万ドル)を行使し、契約を1年延長することを決めたようだ。
 ウェイドはブルズの再建プロジェクトには関心がないとされている。
 一方、ウェイドがFAを選択しても、現状で2400万ドルという額のオファーは得られそうにない、とも伝えられている。

 CSN Chicago




P・ガソル、FAへ

 ポウ・ガソルはサンアントニオ・スパーズとの間に保持するプレイヤーオプション(1620万ドル)を破棄し、FAとなることを決めた。
 ただ、この動きはスパーズのオフシーズンにとって、FA市場でのゆとりを与えるもので、ガソルもスパーズと長期間の再契約を望んでいるという。
 スパーズはこのオフ、クリス・ポール、ジョージ・ヒル、ジュルー・ホリディ、カイル・ラウリーのようなPG獲得を狙っているとされている。

 THE VERTICAL




D・リー、オプション破棄

 デイヴィッド・リーがサンアントニオ・スパーズとのプレイヤーオプション(160万ドル)を破棄し、FAとなることを決めた。
 昨年、スパーズと2年320万ドルで契約していた。
 リーは今シーズン、平均18.7分プレーし7.3得点・5.6リバウンドを記録していた。

 San Antonio Express News




ベイネス、FAに

 アロン・ベイネスがデトロイト・ピストンズとの間に保持するプレイヤーオプション(650万ドル)を破棄し、FAとなることを決めた。
 ピストンズもFAとなると予想していた。
 スタッツは75試合に出場し、4.9得点・4.4リバウンドを平均15.5分のプレータイムで記録している。

 THE VERTICAL




ペイサーズ、ボール指名に交渉継続

 インディアナ・ペイサーズがロンゾ・ボールを指名するため、ポール・ジョージを含めたトレードについて、ロサンゼルス・レイカーズとの交渉を続けている。
 レイカーズ側は、ジュリアス・ランドル、ジョーダン・クラークソン、27位、28位の指名権を出す用意があるという。

 ジョージ側もレイカーズ以外のチームへトレードされることを望んでいないこと、レイカーズへトレードされれば有利な契約が可能であることから、レイカーズへのトレードを望んでいる。

 ESPN




ロケッツ、ハーデンに上限での契約延長をオファー

 ヒューストン・ロケッツはオフに入ればすぐに、ルール上の上限での契約延長をオファーする予定だという。
 ハーデンは4年1億6800万ドルでの延長が可能で、そのままの条件でロケッツはオファーする模様。新契約は19-20シーズンから始まり、そのシーズンのサラリーは3750万ドルとなる。
 契約は2年5870万ドル残っている。

 HOUSTON CHRONICLE




ロケッツ、ビヴェリーのトレードを模索

 ヒューストン・ロケッツがパトリック・ビヴェリーのトレードを積極的に模索している。
 ロケッツがマイク・ダントーニHCと契約してから、ビヴェリーのトレードが噂されている。
 ビヴェリー自身はダントーニ氏のもとでのプレーを楽しんでいるが、他の要因からトレードを模索しているのだという。
 ビヴェリーは2年1050年とお得なを契約を残している。

 Sporting News




フィル・ジャクソン氏、ポルジンギスのトレード拒否せず

 ニューヨーク・ニックスのプレジデント、フィル・ジャクソン氏にとってクリスタプス・ポルジンギスは不可侵の存在ではないようだ。
 ポルジンギスはシーズン後にチーム首脳との面談をキャンセル。ポルジンギスはチームの方向性に不満があるとされている。一方、チームもヨーロッパまでポルジンギスを訪ねようとしなかったという。以降、トレードの噂が囁かれだしている。
 ニックスがポルジンギスを放出した場合、8位指名権を使い、ラウリ・マーケネンを指名するかもしれない。
 ただ、ポルジンギスは残留を望んでいる、と報じられている。

 このポルジンギスについて、ボストン・セルティックスが関心を示している。
 詳細な条件にまで話は及んでいないが、ジャクソン氏はセルティックスが保持する3位指名権での指名が可能なジョシュ・ジャクソンを高く評価している、と報じられている。

 THE VERTICAL、New York Daily News




メッシーナ氏、スパーズと契約延長

 サンアントニオ・スパーズがエットーレ・メッシーナ氏と2年の契約延長で合意した。
 イタリアのCorriere della Sera紙が最初に報じている。
 メッシーナ氏は2014年7月にスパーズ入りし、何度もNBAのHC候補として報じられている。

 San Antonio Express-News




スポンサー

 NBAがアメリカン・エキスプレス社がパートナーシップ提携を複数年、延長した。
 NBA、WNBA、Gリーグの公式カードが今後はアメリカン・エキスプレススとなる。

 ミネソタ・ティンバーウルブズがFitbit社とジャージについてのスポンサー契約を結んだ。
 契約は3年、金額は明らかにされていない。

 オーランド・マジックがディズニー社とジャージについてのスポンサー契約を結んだ。
 ディズニーはオーランド地区に大きな存在感を持っている。
 期間、金額は明らかにされていない。

 NBA.COM、RealGM、ESPN




D・グリフィン氏のGMとしてのサラリー

 クリーブランド・キャバリアーズと前GMのデイヴィッド・グリフィン氏は、4年GMを務め、チームを優勝に導いたがそのサラリーは年200万ドル以下というNBAでは最も安いものだったという。
 オーランド・マジックがジェフ・ウェルトマン氏と結んだ契約は年400万ドルの5年契約とされている。

 ESPN

この日のトップに戻る





6/21(に更新)のニュース

セルティックスの希望 トレードは正式発表される
バトラーのトレードについての噂
キャブス、グリフィンGMと再契約せず
ウェスト氏、クリッパーズ入り
キングス、グレンジャー氏が退団
ラブロン・ジェイムスの奥さんがロサンゼルスでの生活を希望
イグダラに多くのチームが関心
ペイサーズ、L・スティーブンソンをPGとして起用?
レイカーズのジョージ獲得へのペイサーズへのオファー
セルティックス、ロスター情報




セルティックスの希望 トレードは正式発表される

 ボストン・セルティックスとフィラデルフィア・76ersとのトレードが正式に発表された。
 セルティックスは全体3位指名権+将来の1巡目指名権を獲得。
 76ersは全体1位指名権を獲得した。
 将来の指名権については、既報通りロサンゼルス・レイカーズの条件付き2018年1巡目指名権(2~5位指名権となった場合、指名権はレイカーズのものとなる)、もしくは2019年のサクラメント・キングスの1巡目指名権のどちらか。

 セルティックスの現時点における理想的な流れについて、ESPNが報じている。
 セルティックスはフィラデルフィア・76ersとのトレードでドラフト指名権を1位から3位にダウンさせた。
 実はシカゴ・ブルズが以前、76ersに対してジミー・バトラーを絡めたトレードで3位指名権を求めていたのだという。
 セルティックスはブルズとトレードを成立させ、3位指名権他を放出しバトラーを獲得したい考え。
 加えて、FAでゴードン・ヘイワードを獲得。
 アイザイア・トーマス、マーカス・スマートを保持したまま、これらの戦力を補強するのがセルティックスの理想的な狙いだと報じられている。逆に言うと、バトラー獲得に際して、他のプレイヤーについてはトレードする可能性がある。

 ただ、バトラーを獲得できなかった場合、セルティックスが3位指名権をそのまま使うパターンも考慮しているという。

 ESPN、RealGM




バトラーのトレードについての噂

 クリーブランド・キャバリアーズがシカゴ・ブルズからジミー・バトラー獲得を狙っているようだ。
 ただ、キャブスはその場合、ケヴィン・ラヴかカイリー・アーヴィングのいずれかを放出する必要がある。

 ミネソタ・ティンバーウルブズもバトラー獲得のため、予備的なものだが交渉を行っている。

 ESPN、THE VERTICAL




キャブス、グリフィンGMと再契約せず

 クリーブランド・キャバリアーズがデイヴィッド・グリフィンGMと新しい契約を結ぶことができず、袂を分かつことになった。
 ESPNが報じたもので、グリフィン氏は2014年にクリス・グラント氏に代わり、GMを務めていた。

 「組織を代表し、グリフィン氏のリーダーシップと、フランチャイズ初のNBAチャンピオンシップ獲得における彼の果たしてくれた役割など、多くの尽力に感謝を述べたい」
 「現時点において、キャバリアーズのバスケットボール部門の新しい指導者に関する発表はないが、現行のフロントオフィスが今後数週間に、積極的にチームを改善し、またそのチャンスを追い求めると確信している」
   オーナー ダン・ギルバート氏

 キャブスはこれまでグリフィン氏との交渉を希望する、アトランタ・ホークス、オーランド・マジック、ミルウォーキー・バックスの要請を拒否していた。
 一部報道によると、ギルバート氏の方向性の不一致から、グリフィン氏は自らをチームのプランから外したとも報じられている。


 当面、キャブスにおいてコビー・アルトマン氏(アシスタントGM)が業務を引き継ぐという。

 チームはグリフィン氏と再契約しないことについて、ラブロン・ジェイムスには相談していなという。ジェイムスは再契約を希望していた。

 早くも次期GM候補として名前が上がっているのは、元NBAプレイヤーのチャウンシー・ビラップス氏。
 近くチーム関係者と面談を行う予定。
 ビラップス氏はGM経験がなく、もし契約となった場合は経験豊富な人材を補佐に置くとみられており、ジャスティン・ザニク氏の名前が上がっている。

 ESPN、THE VERTICAL




ウェスト氏、クリッパーズ入り

 ジェリー・ウェスト氏がロサンゼルス・クリッパーズ入りし、契約は1シーズン400~500万ドルと報じられている。
 この人事は2018年に少しでもラブロン・ジェイムス(クリーブランド・キャバリアーズ)獲得の可能性を上げるためではないか、とされている。
 ジェイムスとウェスト氏は長年、交流があることで知られている。

 USA Today




キングス、グレンジャー氏が退団

 サクラメント・キングスのクリス・グレンジャー球団社長がチームを去ることが明らかになった。
 グレンジャー氏は同職を4年務め、今シーズンからオープンした新アリーナ建設に尽力した。

 後任には、最高財務責任者のジョン・ラインハート氏が昇格している。

 WOWOW




ラブロン・ジェイムスの奥さんがロサンゼルスでの生活を希望

 情報筋の話として、ラブロン・ジェイムス(クリーブランド・キャバリアーズ)の妻であるサバンナ・ブリンソンさんが、完全なロサンゼルスでの生活を希望しているという。
 ロサンゼルスにも邸宅を構えるジェイムスだが、一時的なものではなく、完全にそちらで住みたいというのが希望だとされている。

 ロサンゼルス・レイカーズもジェイムス獲得に関心を示しており、もし2018年にFAとなるのであれば、ポール・ジョージとの両方を獲得した考えだという。

 レイカーズでは、木曜日のドラフトでロンゾ・ボールを指名するとみられており、ボールはブランドン・イングラムと共にチームの核として考えているという。
 一方、ディアンジェロ・ラッセル、ジュリアス・ランドルについてはチーム構想から離れつつあるともされている。

 同じロサンゼルスのクリッパーズとも、ジェイムスはつながりが報じられている。

 BLEACHER REPORT




イグダラに多くのチームが関心

 オフにゴールデンスティト・ウォーリアーズからFAとなるアンドレ・イグダラ。
 一時はチームと年800~1200万ドルの契約で再契約を結ぶ、とも報じられたが、FA市場でのイグダラの人気が高く、ウォリアーズにとって状況はより厳しさを増すかもしれない。
 ユタ・ジャズ、ロサンゼルス・クリッパーズ、シカゴ・ブルズ、ミネソタ・ティンバーウルブズ、アトランタ・ホークスがイグダラに関心を示しているという。
 イグダラもこれらのチームとの交渉することで、年2000万ドルまでの契約を勝ち取ることができる可能性が伝えられている。

 THE VERTICAL




ペイサーズ、L・スティーブンソンをPGとして起用?

 インディアナ・ペイサーズはこのオフ、ポール・ジョージがトレードで、ジェフ・ティーグがFAでそれぞれチームを離れる可能性がある。
 その状況下で、ケヴィン・プリチャードGMはチームの再構築を行う間、ランス・スティーブンソンをPG起用する考えがあるようだ。
 スティーブンソンはオフに入り、早くも4~5kgの減量に成功している。
 ペイサーズは3月にスティーブンソンと3年1200万ドルの契約を結んでいる。

 そのペイサーズだが、もちろん補強についての噂も出ており、ジュルー・ホリデー、ダニロ・ガリナリに関心を持っているとされている。

 Indianapolis Star、THE VERTICAL




レイカーズのジョージ獲得へのペイサーズへのオファー

 ロサンゼルス・レイカーズは2018年オフにFAとなった際、ポール・ジョージ(インディアナ・ペイサーズ)との契約を希望しているが、現時点においてインディアナ・ペイサーズから獲得の意志も示しているという。
 だが、レイカーズが今後の核と考えているブランドン・イングラムと全体2位指名(ロンゾ・ボールを指名と予想されている)については出す考えはないという。
 レイカーズとしては、全体28位指名権と、ジョーダン・クラークソン、ジュリアス・ランドルというものがトレードにおけるマックスの上限だろうと報じられている。

 THE VERTICAL




セルティックス、ロスター情報

 ボストン・セルティックスがFAのダニエル・テイスと契約で合意した。
 テイスは2014年にワシントン・ウィザーズの一員として、サマーリーグでプレーしていた。
 最近ではドイツのプロリーグに所属していた。

 David Pick

この日のトップに戻る

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED
 
累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED
2014年8/17 22:02設置 重複なし設定
inserted by FC2 system